3週間ぶりに放送再開したバラエティ番組、MBC「パパ! どこ行くの? 」1位に

Wow!Korea / 2014年5月7日 17時3分

SBSリアリティ番組「ルームメイト」

セウォル号沈没事故後、3週間ぶりに一部バラエティ番組が放送再開となる中、先週末のバラエティ番組ではMBC「パパ!どこ行くの?」が1位に輝いた。

去る5日、視聴率調査機関ニールセンコリアリサーチによると、4日午後6時より放送された「パパ!どこ行くの?」は視聴率11.4%(CM時間を除外)で同時間帯はもちろん、日曜日午後の全芸能番組の中で1位となった。

この日の放送には、俳優チョン・ウンインと娘セユンちゃんが初登場。これに続いて放送されていた「真の男」はこの日は休止された。

俳優キム・ジョンテが新たに合流した「スーパーマンが帰ってきた」は午後4時15分に最も先に放送をスタートし、9.3%の視聴率を記録。ソウル編を再放送した「1泊2日スペシャル」は5.8%と低い数値となった。

この日初めて放送された芸能人11人の共同生活を追うSBSリアリティ番組「ルームメイト」は6.1%でスタートし、「ランニングマン」は8.7%を記録した。

一方、KBS2の週末ドラマ「本当に良い時代」はセウォル号沈没事故後、初放送だった先月19日に19.4%で最低視聴率を記録していたが、27日に27.9%まで回復。その後、22.3%、21.4%と連続で視聴率ダウンとなっている。

夜10時台に放送されたSBSドラマ「エンジェルアイズ」は10.3%、MBC「ホテルキング」は9%と集計された。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング