「god」とチョン・ギゴ、異端サイドキックの提供曲がチャート1位争い

Wow!Korea / 2014年5月12日 10時54分

god「みにくいアヒルの子」

男性グループ「god」の新曲「みにくいアヒルの子」とチョン・ギゴの新曲「君のために」が去る9日、各種音源サイト1位を二分している。

去る8日に公開された「みにくいアヒルの子」が発売日当日に各音源チャート1位を席巻すると、9日「君のために」が発表されてからは、1位の座を分ける形となった。

「君のために」はこの日(午後6時30分基準)オーレミュージック、NAVERミュージック、Bugs、ソリバダ、ジニーチャートで1位となり、メロン、Mnet.com、Daumミュージック、モンキーミュージックなどでは「みにくいアヒルの子」に続いて2位となった。

2曲は共に作曲チーム「異端サイドキック」(パク・チャングン、マイキ)の差曲で、2チームは当初、それぞれ時期を別にして発表する予定だった。しかし、セウォル号沈没事故を受けて日程が変更となる過程で発表時期が重なってしまった。これにより、「異端サイドキック」は自身が手掛けた曲が2曲共、チャートで1位競争をするという異例の現象が起こったのだ。

「異端サイドキック」は「みにくいアヒルの子」について「最近のトレンディなメロディラインと構成を排除し、ナレーションにゴスペルの雰囲気を入れて『god』特有の温かな音色を表現した」とし「メンバーたちが深夜まで意見を出し合いながら情熱を見せて傾けてくれた。さらに、ユン・ゲサンはミキシングが終わってからも『どこか物足りず残念だ』と話して再びレコーディングし、リリース直前まで音源作業を行った」と説明。

また「君のために」については「R&B風のミディアムテンポ曲」とし「R&B特有の押し引きは、リズム感を生かして、甘美なチョン・ギゴのボーカルをさらに引き立てたかった」と振り返った。

「異端サイドキック」はことし「Girl's Day」の「Something」と「A Pink」の「Mr. Chu」などをヒットさせている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング