キム・ギドク監督「一対一」 約50か所で公開へ

Wow!Korea / 2014年5月21日 13時58分

キム・ギドク監督「一対一」のワンシーン

キム・ギドク監督の20本目の長編映画「一対一」が来る22日、約50か所の劇場で公開される。

キム・ギドクフィルムは「CGVとロッテシネマ、メガボックス、アートナイン、アートハウス・モモなど約50か所で公開する」とし「約10万人の観客が入れば、スタッフたちへ出演料を支給し、元金を回収することができる」と明らかにした。

続けて「観客10万人に達するまで二次版権を販売しない」とし「これは、二次版権が出た瞬間、著作権侵害ファイルが出回ってしまうため」と説明した。

キム・ギドク監督は書面で「映画『一対一』は民主主義を毀損した事件をモチーフにして、女子高生の死を例えて作られた作品」としノ・ムヒョン前大統領に捧げる告白であり、自白の映画」と説明した。

映画は、女子高生オ・ミンジュが残酷な殺人で命を落としたことで、七人の市民が殺害を扇動した政府と軍関係者を断罪する内容を描いた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング