5月の韓国映画占有率49.2%、回復傾向へ

Wow!Korea / 2014年6月9日 17時15分

ヒョンビン主演の映画「逆鱗」のワンシーン

韓国映画の占有率が50%に近づき、回復傾向を見せていることがわかった。

映画振興委員会が9日に発表した「5月韓国映画上映決算」資料によると、先月、韓国映画の観客数は829万人(占有率49.2%)を記録し、4月より627万人増加した。4月の韓国映画の占有率は、ことしに入って最も低い21.9%だった。

ヒョンビン主演の映画「逆鱗」、リュ・スンリョン主演の「標的」、ソン・スンホン主演の「人間中毒」が韓国映画の全体観客の91.8%を集め、占有率の上昇に大きく貢献した。

5月の一か月間に封切られた韓国映画は13編、その他は76編だった。

海外映画を含む5月全体の観客数は、昨年の同じ月より265万人多い1686万人で、興業収益は1336億ウォンと集計された。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング