ガールズグループ「Bob Girls」デビュー 「新人賞もらえたらうれしい! 」

Wow!Korea / 2014年6月10日 17時27分

新人ガールズグループ「Bob Girls」

新人ガールズグループ「Bob Girls(短い髪)」が10日午後、ソウル・ベアホールにてデビュー記念ショーケースを開催し、「新人賞をもらえたらうれしい」と意気込んだ。

「Bob Girls」のメンバー、ダンビは「いまでも信じられない。ショーケースをすることも本当にうれしくて夢みたい。幸せ」とデビューに対する感想を述べた。続けてダンビは「目標は、まず新人らしく一生懸命に活動して、良い姿を見せたい。そして新人賞がもらえたらうれしい」と話した。

また、ジナは「(グループ名でもある)“短い髪”のヘアスタイルをたくさん検索した。多くのヘアスタイルの中でもわたしたちだけの持ち味を探せるように挑戦し続けたい。ずっと見守ってもらえたらうれしい」と語った。

ガールズグループ「Bob Girls」は「CRAYON POP」の所属事務所の後輩グループで、この日公開されたデビューアルバムには「No Way」と「どうしてそうなの」の2曲が収録されている。

タイトル曲「No Way」はアコースティックギターの中毒性があるフレーズと感覚的ながらも妙なサウンドのエレクトリックピアノが調和をなした楽曲だ。歌手ユン・ミレの「Touch Love」やグループ「SS501」の「僕の頭が悪くて」などを作詞したウン・ジョンテが手掛け、17Holicがウン・ジョンテと共同作詞した。

ガールズグループ「Bob Girls」は来る12日、ケーブルチャンネルMnet「Mカウントダウン」を通してデビューステージを飾る。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング