「少女時代」サニー 「メンバーが来てくれるだけで力に」

Wow!Korea / 2014年6月12日 17時7分

「少女時代」サニー

「少女時代」メンバーのサニーが主演作への責任感を語った。

サニーは、12日午後ソウル・忠武アートホールで開かれたミュージカル「Singin’ in the Rain」のプレスコールで「責任を感じる」と述べた。

「『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』の時は2幕だけの出演だったが、今回は1幕からの出演となり、それだけのパワーをお見せしなければならないと肩の荷が重く、責任を感じている」と吐露。「作品はとても明るくて若いエネルギーにあふれていて面白い。長い時間ステージに立つことに魅力を感じている」と続けた。

さらに「ミュージカルに出演経験のあるメンバーがたくさんのアドバイスをしてくれた。『初日に見に行くぞ』と言われたけど『もう少し慣れた頃に来て』と頼んだ」とメンバーとの仲睦まじいやりとりを明かした。

サニーは、美しい声を持つ愛らしい女優キャシー・セルダンを演じる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング