カン・ジファン主演「ビッグマン」、自己最高視聴率で終演

Wow!Korea / 2014年6月18日 10時12分

「ビッグマン」主演のカン・ジファン

韓国俳優カン・ジファンが主演したKBS2TV月火ドラマ「ビッグマン」(原題)が去る17日、自己最高視聴率である12.6%で幕を下ろした。

18日、視聴率調査機関ニールセンコリアによると「ビッグマン」は前日(17日)全国視聴率12.6%、首都圏視聴率14%をそれぞれ記録したという。全16話の平均視聴率は9.3%と集計された。

後続番組にはガールズグループ「A Pink」チョン・ウンジ、俳優チ・ヒョヌ主演の「トロットの女神」が23日より放送される。

一方、17日「ビッグマン」と同時間帯に放送されたMBC「トライアングル」は7.7%、SBS「ドクター異邦人」は10.8%の視聴率をそれぞれ記録した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング