「ULALA SESSION」、故イム・ユンテクが生前に歌った曲を発売へ

Wow!Korea / 2014年6月24日 10時6分

「ULALA SESSION」(左から3番目が故イム・ユンテク)

昨年、この世を去ったグループ「ULALA SESSION」のメンバー故イム・ユンテクが生前に歌った未公開曲が発売されることがわかった。

23日、歌謡界によるとイム・ユンテクが亡くなる前にレコーディングした「ULALA SESSION」とIU(アイユー)のデュエット曲が今月末にオンラインに公開されるという。

ある音盤流通業界の関係者は「この曲は『ULALA SESSION』とIUの音色が調和を成した明るい雰囲気のデュエット曲」とし「イム・ユンテクが闘病中だった2012年にレコーディングしたが、ようやく発売することになった」と述べた。

関係者は続けて「イム・ユンテクが闘病中だったが、曲への熱意を見せてレコーディングしたと聞いている」と付け加えた。

イム・ユンテクは2011年Mnetオーディション番組「スーパースターK3」優勝チームである「ULALA SESSION」としてデビューした。胃がんで闘病中にも音楽への情熱で感動を与え、昨年2月にこの世を去った。現在は残ったメンバーがグループ活動を続けている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング