【公演レポ】「B.A.P」 9/3新曲リリースも決定! 日本ツアー開催

Wow!Korea / 2014年6月24日 13時21分

「B.A.P」ライブの様子

「B.A.P」は2012韓国にてデビュー。デビュー後数々の賞を総なめにし、韓国だけでなく今や世界中で注目されている6人組ヴォーカル&ダンスグループ。

グループ名の由来は「Best(最高の) Absolute(絶対的な) Perfect(完ぺきな)価値を追求する」という意味を持ち、HIPHOPを中心とし完成度の高いパフォーマンスで人気を集めている。2013年5月より始まったワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH PACIFIC」ではアメリカ公演のチケット1万枚は即完売。ここ日本でも5月24,25日に行われたパシフィコ横浜国立大ホールでの初来日公演も1万枚が即日完売した。その後10月9日に「WARRIOR」で日本デビューを果たし、新人としては異例のアリーナツアー「B.A.P 1ST JAPAN TOUR WARRIOR Begins」を行い40,000人を集客。そんな彼らが世界4大陸ツアーの最終地である日本でのツアーを6月4日(水)福岡からスタートし、6月22日(日)千葉・幕張メッセにてツアーファイナル公演を行った。

明け方から降り続いた雨も公演が始まる頃にはすっかり止み、日本ツアー最終日は雨を吹き飛ばして公演がスタート。照明が落とされると爆音が鳴り響き、解読不能な文字や心拍数を表すような映像が流れ出し、ホイッスルを吹きならすファンと大歓声を上げるファンで会場の熱は一気に頂点まで押し上げられた。開始早々バン・ヨングクとZELOの低音ラップ、デヒョンのどこまでも伸びる高音、ヒムチャン、ヨンジェの美声、ジョンアプのパワフルなダンスが炸裂した。ファンはそのパフォーマンスにマトキ(マスクうさぎ)を型どった緑色のペンライトを振りかざし、会場を緑の海に染めていった。

「ONE SHOT」を含む4曲を歌い、「喉が渇いた。何か飲もうよ」という合図でステージ上には「STARBABYS COFFEE」という名のコーヒーショップが現れ、全員で飲み物を片手に乾杯。するとヒムチャンが「みなさん欲しいですか?」とファンへ問いかけ、ZELOが「ちょっと待ってて。サインするから」とカップにサインをして何やら準備を始めるとファンからはもらえるのかもしれないという期待で大歓声が上がり始めた。サインしたカップを持って花道を進むZELOは客席に降り直接ファンに手渡しでプレゼントをした。見ているファンはうらやましい声を抑えきれず、悲鳴にも似た歓声が沸き起こった。続いてヒムチャンもファンへ直接プレゼントし「ゆっくり飲んでください」と甘い言葉も付け加えた。甘い雰囲気のまま「COFFEE SHOP」「BODY& SOUL」をスローテンポながら、セクシーなダンスで魅了した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング