広報大使の「JYJ」に仁川アジア大会記者会見の連絡なし

Wow!Korea / 2014年7月1日 17時53分

グループ「JYJ」

「JYJ」が広報大使として活動している仁川アジア大会の組織委員会に、契約履行を訴えた。1日午後に行なわれた仁川アジア大会開閉会式に関する記者会見に「JYJ」の姿はなかった。

所属事務所のC-JeSエンターテイメントは1日午後、報道資料で「本日午後に行なわれた仁川アジア大会開閉会式記者会見に関して立場を明らかにします」と発表した。

「2013年2月に『JYJ』は『2014仁川アジア大会』の公式広報大使として委嘱された。仁川アジア大会組織委員会は『本大会の認知度の拡散とアジア全域への広報に拍車をかけるため委嘱する』という記者会見をすることになっていた」と明らかにした。

「『JYJ』の広報大使としての役割を協議する過程で、弊社は組織委員会の広報マーケティング代行会社と広報大使協約として契約を提携したが、その中に『国内外の本大会に関する行事において『JYJ』と事前協議する』という内容と『本大会の開閉会式と海外媒体対象のカンファレンスでK-POPスターなど韓国歌手を渉外する際には『JYJ』を最優先に考慮する』という条項が含まれていた」とし、「また本大会の組織委員会の委員長をはじめ、広報担当者らは広報大使渉外とともに『JYJ』の開会式出演はもちろん、フィナーレステージを約束していた」と経緯を説明。

「その後『JYJ』は本大会公式ソングである『ONLY ONE』を発売し、MVを撮影してノーギャラでCM撮影まで行ない、本大会の広報を積極的に進めてきた。また昨年10月にベトナム、11月にハノイと中国・広州で開かれた本大会を広めるショーケースにも参加した。フィリピン災害のためイベントが中止になったが、11月に予定された本大会の関係者が集まるイベントにも参加が決定していた」とこれまでの活動の様子も紹介した。

「1か月前に我々は組織委員会との会議で『JYJ』が広報大使として開会式イベントと、演出監督と共にする開閉会式の記者会見には、スケジュールの調整をして出席すると伝えていた。しかしその後イベントなどに関する連絡がなく、本日記者会見が行なわれることも知らなかった」と主張。

「組織委員会は電話で演出案は確定していないと言ったが、今日の記者会見で組織委員会は『開閉会式のスター出演陣が参加』というタイトルの報道資料を配布し、その内容に公式広報大使である『JYJ』について何もなかった。さらに記者会見では、演出内容ではなく出演そのものが検討中だとされていた」と述べた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング