「god」が音源チャートを掌握、放送出演の計画も協議中

Wow!Korea / 2014年7月8日 11時14分

god

男性グループ「god」の8thアルバム「Chapter8」が8日、オンライン公開と同時に音源チャートを掌握した。

アルバムタイトル曲のひとつ「僕らが生きる物語」はMelOnやgenie 、Ollehミュージック、Mnetドットコムなど9つのチャートで1位を席巻。また、これらサイトの10位圏内には「Saturday Night」や「普通の日」、「歌を歌ってくれ」、「私は好き」、「5+4+1+5=15」など収録曲8~9曲がランクインした。

アルバムは、温かい感性の”god流”音楽で溢れている。全般的に「god」特有の情緒を維持しながらも、洗練されたサウンドを加え変化をもたらした。活動当時、国民的グループと呼ばれたように、今回も広い世代を惹きつける大衆性の強い音楽を披露した。

MBC「偉大な誕生」出身のメーガン・リーがフィーチャリングした「僕らが生きる物語」は、家族の大切さを忘れて生きている現代人のストーリーを込め、大衆の共感を呼んでいる。

15周年記念として発表された同アルバムは、先行公開された「みにくいあひるの子」と「空色の約束」がチャート1位を相次いで記録。また、各種ポータルサイトの検索語チャートでも1位となっている。

これら大衆の熱い反応に、企画会社サイダスHQは当初、計画していなかった「god」の放送活動も協議しているという。

関係者は「ソウルコンサートを終え、放送出演に乗り出す計画を協議中」とし、「歌謡ランキング番組ではなく、音楽番組への出演が濃厚だ」と語った。

なお、「god」は来る12~13日、ソウル蚕室(チャムシル)総合運動場補助競技場で15周年記念コンサートを開催する。

韓国芸能ニュースのワウコリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング