歌手ショーン YGの取締役に選任、社会貢献活動を強化

Wow!Korea / 2014年7月15日 11時14分

歌手ショーン

韓国歌手ショーンがYGエンターテインメント(以下、YG)の取締役(登記)に選任されることがわかった。登記取締役は取締役会への参加資格のある取締役のこと。

YGは歌手ショーンが来月27日に開かれる株主総会で取締役に選任される予定だと14日、明らかにした。

YG側は「ショーンの取締役選任はYGの社会貢献活動を強化するためのものだ」とし「普段から寄付や様々な社会奉仕活動をしてきたショーンの経験をもとに、YGはより効果的で体系的な公益事業を展開できるだろう」と期待した。

ショーンは併せてことし5月、ヤン・ヒョンソク代表プロデューサーが設立18周年を迎えて、厳しい環境に置かれた青少年や子どもの治療、リハビリおよび学資金支援のために設立した非営利財団である「無住(ムジュ)YG財団」の理事にも選任され活動する予定だ。

先立ってショーンは、先月、釜山からソウルまで約430キロを自転車で縦断した後、自身が用意した寄付金1億ウォン(約995万円)に、430人の後援者の後援金を加えた総額1億430万ウォン(約1040万円)を子どもリハビリ病院建設に使ってほしいと、プルメ財団に寄付した。

また「1万ウォンの奇跡」キャンペーンを通じて、病院建設の基金集めに励むなど多様な寄付活動を広げてきた。

YGも公益キャンペーンである「YGWITH」や心臓病患者を救う「ドリームギフトキャンペーン」支援など、様々な分かち合い活動を広げてきた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング