キム・ゴウン 韓国版「のだめ」出演はNO、映画準備に集中

Wow!Korea / 2014年7月16日 11時24分

キム・ゴウン

女優キム・ゴウンが、韓国版「のだめカンタービレ」のヒロイン候補に挙がったとの報道について、すでに辞退したことを明かしたと同時に「映画の準備に集中している」と近況を伝えた。

キム・ゴウン側の関係者は16日、韓国メディアの取材に「オファーをもらい、検討したことは事実。しかし、日程などの問題から出演しないことを決定した」とし、「現在、今月クラインクイン予定の映画『コインロッカーガール』の準備に集中している」と明かした。

韓国版「のだめカンタービレ」とされる「カンタービレロマンス」は、クラシック音楽をテーマにした作品で、日本で2006年に放送されたドラマが原作。

男性主人公にはチュウォンが確定しており、キム・ゴウンの他にシム・ウンギョン、チョン・ウヒ、イ・ハナ、ハ・ヨンスなどがヒロイン候補に。この中で、シム・ウンギョンが最有力であると報じられた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング