【イベントレポ】チャン・グンソク出演「キレイな男」夏祭り夜の部は、生演技とトークで魅了

Wow!Korea / 2014年7月23日 14時32分

左からチャン・グンソク、IU、イ・ジャンウ

7月19日(土)千葉・幕張メッセでチャン・グンソク出演ドラマ「キレイな男」日本初放送を記念して「キレイな男 夏祭り~Love is Beautiful~」が開催された。

夜公演は、ステージに設置された大スクリーンにドラマの映像が映し出され幕を切った。IU演じるボトンがバスで初めてマテ(チャン・グンソク)に出会うシーン。キラキラとオーラを放ちながらバスに乗り込むマテが大画面に映ると客席から歓声が上がった。映像に見とれているとステージ上段にチャン・グンソクが登場し「Lovely Girl」を披露。黒を基調としたジャケットで昼公演の白い衣装のさわやかな印象から一変、シックでスタイリッシュな姿を見せた。

曲の途中に「こんにちは、みなさん!」と低い声であいさつをし、手を振るとファンもペンライトを高々と振り歓声で応えた。歌が終わるとまたドラマの映像がスクリーンに流れ出した。今度はボトンとボトンの母親との会話のシーン。母親が「将来の夢は何なの?」とボトンに尋ねるとボトンはスケッチブックに「マテの奥さん」と書き、かわいい笑顔を見せた所で、「Beautiful Dancer」が流れIUが登場。白のブラウスに黒と白の柄スカートで髪形はポニーテールで女の子らしいスタイルに会場からは「かわいい!」と声が飛び交った。曲が終わると、IUとチャン・グンソクがステージに立ち、二人はそれぞれの役柄で演技に入った。ドラマの中から出てきた二人がステージで演技を再現。その後、二人がステージから去ると、スクリーンにはまたドラマの映像が流れる。今度はイ・ジャンウ。真っ白なTシャツに白と黒のジャケットとジーンズというスタイルで「君がいるだけで」を歌い、曲中には「こんにちは、イ・ジャンウです」と深々とお辞儀をしてファンにあいさつをした。

その後イ・ジャンウもドラマの役柄のダビデとしてステージに登場し、IUとチャン・グンソクと一緒に演技を見せた。2部はこのように、ドラマの映像をスクリーンに映し、その続きを本人たちがステージに現れそれぞれの役柄でドラマを再現するというスタイルが取られた。チャン・グンソク、IU、イ・ジャンウの生の演技で、時には笑わせたり、時には真剣な演技で観客を一気にドラマの世界へと引き込んだ。約2時間たっぷりとドラマの世界に浸った後は、司会者が進行をしながらのトークコーナーへ。メインステージに再登場した3人はトロッコに乗って花道先のステージまで移動。左右に手を振り、投げキッスをしながらの移動にファンは大興奮。3人が花道先のステージに到着しても鳴りやまない歓声に3人は笑顔を見せた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング