≪ドラマNOW≫「本当に良い時代」キム・ヒソンが離婚を止められるのか

Wow!Korea / 2014年7月26日 23時3分

ドラマ「本当に良い時代」よりキャプチャー

※ネタバレになる内容が含まれています。

26日に放送されたKBSドラマ「本当に良い時代」では、テソブ(キム・ヨンチョル)を助けようとするヘウォン(キム・ヒソン)の姿が描かれた。

テソブはソシム(ユン・ヨジョン)の離婚通告に大きなショックを受け「絶対、離婚はできない。私は死んでも離婚できない」と言った。これに対しヘウォンは「私がお母さんの気持ちを変えてみせます」と言うと、テソブは「君は私の味方か?」と尋ねた。

ヘウォンは「いいえ。お父さまのためではありません。15年ぶりに家に戻ってきた主人のためです。まだ母親が必要なドンヒ、ドンオクのためです」と答えた。ヘウォンは信頼感あるまなざしでテソブを見つめるが、本当にソシムの気持ちを変えられるか関心が高まる。

一方ドンソク(イ・ソジン)は同僚のオ弁護士から電話をもらい、事務所にかけつけた。ソシムはオ弁護士に離婚の相談をしていたというのだ。ソシムはドンソクに「父さんが離婚できないって言うから、裁判になると思う。私はそうするつもり」と言った。

ドンソクはソシムを理解できないと言い、理解させてほしいと頼んだ。ドンソクの言葉にソシムは口を開かず、こぶしを握った。ソシムの本音は一体何なのか注目が集まっている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング