映画「群盗」、1日で86万人を動員

Wow!Korea / 2014年7月28日 11時18分

映画「群盗:民乱の時代」のワンシーン

韓国俳優ハ・ジョンウ、カン・ドンウォン主演の「群盗:民乱の時代」(原題、以下「群盗」)が週末1日で86万人の観客を動員し、公開3日間で累積観客230万人を突破したことがわかった。

27日、映画振興委員会映画館入場券統合電算網によると「群盗」は26日、全国1394館で86万8542人(売上高シェア率61.8%)を集め、「How to Train Your Dragon2」(30万7039人)を抑えボックスオフィス1位を守ったという。

これにより「群盗」は「トランスフォーマー3」(95万6500人)、「密かに偉大に(邦題:シークレット・ ミッション)」(91万9027人)、「アイアンマン3」(89万4377人)に続く、最多観客歴代4位に上がった。ことしの公開作の中では「トランスフォーマー3」(79万3462人)を抑え1位だ。

「群盗」は公開初日に55万人の観客を動員しており、歴代公開映画の中で最高のオープニング成績を収めた。

映画は両班(ヤンバン)と貪官汚吏(欲深く、不正な行いをする役人)の搾取が極限に達していた朝鮮末期を背景に、義賊と悪徳地主の対決を描いた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング