映画「ドキドキ私の人生」ソン・ヘギョ、初の母親役をどう演じるか

Wow!Korea / 2014年7月29日 11時11分

女優ソン・ヘギョ(映画「ドキドキ私の人生」スチール)

女優ソン・ヘギョが初の母親役に挑戦する。果たしてソン・ヘギョが見せる母性愛はどのようなものになるのだろうか。

幼い母親と、17歳を前に体年齢80歳になってしまう世界で一番老いた息子との話を描いた映画「ドキドキ私の人生」で、ソン・ヘギョは夢をあきらめて17歳で出産した母親ミラとして格別な母性愛を見せる。

今作でソン・ヘギョが演じるミラは、16歳の子を持つ33歳という若い母親で、いつもしっかりしていて落ち着いているが、一度壊れると伝説のお姫様時代の性格が出てしまう人物。しかし息子のアルムには非常に優しい母親として温かい母性愛を見せるミラを演じるソン・ヘギョは、これまでの女神のようなイメージを脱ぎ捨て、一層深くなった眼差しと、和やかな演技でキャラクターに深い感性を吹き込んでいく。

先天性早老症である息子と、どうしようもない夫まで、二人の息子を育てているような忙しい日常の中でも、明るく凛々しい姿を忘れない母親ミラは、ソン・ヘギョのナチュラルでひょうきんな姿に一層成熟した演技が加わって、観客に深い共感を与えるのではと期待を集めている。

映画「ドキドキ私の人生」は、韓国で9月3日に公開する。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング