エレクトロニックバンド「IDIOTAPE」、アルバム「Tours」を発表

Wow!Korea / 2014年7月30日 17時47分

エレクトロニックバンド「IDIOTAPE」

韓国のエレクトロニックバンド「IDIOTAPE」が30日、3年ぶりにアルバム「Tours」を発表した。

この日、所属事務所VUエンターテインメントによると「Tours」はこれまで3年間、心血を注いで作業した結果で、新たな世界に向かって一歩踏み出す過程を主テーマにしている。

タイトル曲「AIRDROME」をはじめ、「PROOF」や「CATS IN MY HEAD」、「WITH THE FLOW」など10曲が収録された。

所属事務所は「今回のアルバムでは多彩な音楽カラーをさらに強化して、幅広いサウンドを追求した」と紹介した。

DGURU、ZEZE、DRの3人のメンバーで構成された「IDIOTAPE」は2010年にデビューし、国内のエレクトロニック音楽ジャンルで独歩的な歩みを見せた。

韓国の1960~70年代のロック音楽から影響を受けて、これをシンセサイザーで再解釈して演奏する彼らはボーカルがいない音楽で、海外でも疎通可能なコンテンツとして注目された。

2012年第9回韓国大衆音楽賞授賞式で「最優秀ダンス&エレクトロニックアルバム賞」を受賞しており、昨年はジェイソン・ムラーズのワールドツアーソウル公演に参加した。

また昨年チョー・ヨンピルの19thアルバム発売記念ショーケースにも招待され、チョー・ヨンピルのヒット曲「おかっぱの髪」を新たに再解釈して目を引いた。

「IDIOTAPE」はニューアルバム発売と共に来る8月2日に仁川(インチョン)ペンターポート・ロックフェスティバルにヘッドライナーとして出演し、8月8日午後8時、江南区(カンナムグ)新沙洞(シンサドン)FRED PERRY SEOULでショーケースおよびドキュメンタリー上映会を開催する。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング