「EXO」、中国・西安で1万人を魅了

Wow!Korea / 2014年8月3日 14時19分

中国・西安を熱くした「EXO」(提供:SMエンタテインメント)

人気グループ「EXO」が、ソウル、中国(香港、武漢、重慶、成都、上海、長沙)、台湾に続き、中国・西安での公演も成功裏におさめたと、3日所属事務所のSMエンタテインメントが明らかにした。

所属事務所によると、「EXO」は2日午後8時(現地時間)に中国・西安で行われた「EXO FROM. EXOPLANET #1 - THE LOST PLANET - in XI'AN」は、会場を埋め尽くしたおよそ1万名の観客の熱い歓声に包まれたという。

「EXO」はこの日、デビュー曲の「MAMA」からスタートし、「Wolf」、「Growl」、「Overdose」などのヒット曲をはじめ、アルバム収録曲やメンバーそれぞれの個性光るソロステージなど2時間で計30曲を披露した。

野外会場を埋め尽くしたファンは、「EXO」を象徴する銀色のペンライトを振って名前を連呼し、中国語はもちろん、韓国語の歌も完ぺきに合唱し、熱気にあふれたという。

また2日午後、中国・西安咸陽国際空港には「EXO」が入国する姿を一目見ようと700名ほどが集まり、メンバーの写真や名前、メッセージなどが書かれたボードを手にして「EXO」コールをし、熱い声援を送った。

「EXO」は今後、23日にシンガポールを回る予定。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング