「JYJ」、大人の魅力を放ってカムバック

Wow!Korea / 2014年8月3日 22時0分

3日、韓国で2ndアルバムのショーケースを行なった「JYJ」

「JYJ」が3年ぶりに完全カムバックを果たした。「アラサー」となるメンバー3人は、より一層大人の魅力やセクシーさを漂わせた。

「JYJ」は3日、ソウル・COEXで2ndアルバム「JUST US」のショーケースとともに記者懇談会を開いた。「JYJ」は2011年に発売した1stアルバムから3年ぶりとなるカムバックを果たした。活発なソロ活動を経て3人が集まったということに意味がある。

これまでジェジュン、ユチョン、ジュンスの「JYJ」メンバーは、それぞれドラマやミュージカル、ソロアルバム発売など、息つく間もないほどに積極的なソロ活動を行なってきた。ソロライブの経験も積んできた「JYJ」は、これまでソロで磨いてきたものをお互いに出し合い、より一層パワーアップした姿を見せた。

「JYJ」は久しぶりに3人で作業することに対し、興奮した姿を見せた。ユチョンは「楽しくて、ワクワクした。3人集まって作業したので本当にうれしい。このワクワクした気持ちを大切にしたい。コンサートをすることを考えてうれしくなる。『JYJ』としてアルバムを発表できることは、意義深いと思う」と述べた。

続けてジェジュンは「久しぶりにアルバムを発表して、3人で活動できるので、新たな気持ちになる。これからの活動が楽しみだ。それぞれソロで活動してきた時以上に素晴らしい姿を見せたい」と決意を見せた。ジュンスは「アルバムを3年ぶりに発売できることだけでもうれしい。ことし、コンサートを開催できて力がわいてくる」と語った。

「JYJ」のメンバーは来年になると数え年で30歳になる。ジュンスはタイトル曲を「BACK SEAT」にした背景について「最近のアイドルよりは年も上なので、それなりに成熟した姿を見せたかったし、僕たちのカラーが、この音楽によく合うと思った」と説明した。

その話どおり、今回のステージはセクシーだった。余裕のあるメンバーの表情は、見る人を引きつけた。「BACK SEAT」のセクシーな歌詞と夢幻的なムード、女性ダンサーと呼吸の合ったダンスは強烈な印象を与えた。

3人の固い友情は、ステージを引き立たせた。お互いを「友達以上の感情」だと表現する彼らは、同じステージに立つということ自体が強いシナジー効果を出す。

メンバーは「『JYJ』は家族だ。進む方向がブレない。友という力がものすごい力のようだ。作業する時に、いつもそばにいるメンバーがいるということだけでもうれしい。何でも話すし、つらいことも分かち合えることに心から感謝している。何にも代えがたい大きな財産だ。メンバーにすごく頼っている。毎回、このありがたさを切実に感じている」とメンバー愛を語った。

3日、「JYJ」はショーケースで2ndアルバム収録曲の「SO SO」で愛らしいオープニングを飾り、続く「BABO BOY」では女性ダンサーとともにダンスを見せてファンを熱狂させた。「JYJ」はタイトル曲「BACK SEAT」ではセクシーさとパワフルさのあふれる姿を見せて、6000名のファンの熱い声援を受けた。

9日にはソウル・蚕室(チャムシル)で単独コンサートを開催する。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング