ジブリ縮小の報道は韓国でも=韓国におけるジブリとは?

Wow!Korea / 2014年8月5日 10時33分

韓国で公開されたジブリ作品

日本アニメーション映画の代表作といえる作品を次々と誕生させた「スタジオジブリ」が製作部門を解体すると4日、発表した。

日本国内ではもちろん、韓国でもこのニュースは報じられ話題となっている。

韓国では2013年夏、「風立ちぬ」が上映された際、思わぬ論争が巻き起こっていた。日本アニメーションの巨匠、宮崎駿監督が「崖上のポニョ」以降、5年ぶりに制作した作品とあり、韓国でも公開前から話題を呼んでいたが、ストーリーが具体的に伝わるとすぐに「軍国主義を美化している」との意見が噴出。特に、主人公 堀越二郎は日本の艦上戦闘機「ゼロ戦」を設計した人物であり、「ゼロ戦」は後ほど太平洋戦争で人権を無視した自爆攻撃に使用されたものだとして、批判が高まっていった。

さらに、韓国では「植民主義」や「軍国主義」の象徴とされる旭日旗が映るシーンについても拒否反応を起こす声が相次ぎ、該当シーンの編集を要請する事態に発展。しかし、この要請は受け入れられず「韓国側は、可能かどうか要請をしていたが、編集はせずに公開することになった」と報じられた。

また、ことし4月には1988年に日本で公開された「火垂るの墓」(製作:新潮社、制作:スタジオジブリ、監督:高畑勲)がおよそ30年の時を超えて韓国で劇場公開。現地では「スタジオジブリ制作」が強調されたことで、公開前から話題となっていた。

いざ公開されると、その評価は極端に割れたともいわれる。「感動して泣いた」「最高の映画だった」「平和な世界がほしいと素直に感じた」という意見の一方、「戦争や悲劇の原因については言及せず、被害者としての立場だけを訴えたアニメだ」「政治的な意図が感じられる」などの意見もあった。

このように、日本のアニメーション映画を支える世界的な「スタジオジブリ」も、日韓関係の歪には度々悩まされていたようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング