≪ドラマNOW≫「誘惑」イ・ジョンジン、最も賢い人物…妻の浮気には気付かないふりだった?

Wow!Korea / 2014年8月6日 11時6分

ドラマ「誘惑」キャプチャー

※ネタバレになる内容が含まれています。

韓国俳優イ・ジョンジンがドラマ「誘惑」で少しずつ真価を表している。

5日に放送されたSBS月火ドラマ「誘惑」では、ソクフン(クォン・サンウ)、ホンジュ(パク・ハソン)、セヨン(チェ・ジウ)の三角関係に本格的に巻き込まれるミヌ(イ・ジョンジン)の姿が描かれた。

この日のミヌは泥酔したホンジュを部下に任せ去ろうとしたが、予想だにしなかったソクフンの登場に驚いた。彼はソクフンの誤解を解こうと積極的に解明した。心を痛めるホンジュには「もどかしいときに思い出す人間が僕であることがうれしい」と言葉をかけ、彼女を慰めた。

また、ソクフンとセヨンの関係に気付いたミヌは、セヨンに直接警告した。ミヌはパーティーで会ったセヨンに「いい加減にしなさい。もう十分に楽しんだのだから、ここらでやめなさい」と話した。「ホンジュ相手に好奇心ができたのか」と反撃に出るセヨンにミヌは、怒りをあらわにした。

同時にミヌは冷徹な戦略家だった。彼はすでによじれた夫婦関係をよく知っていた。妻ジソン(ユン・アジョン)の浮気を感づいていたが、むやみにならなかった。妻を徹底的に監視し、決定的証拠収集のためわざと一歩下がっていた。妻に「東南アジア旅行にでも行ってきなさい」と小遣いを渡したのも彼の計画だった。

これまでミヌは平凡な浮気者として見られていた。しかし彼は多彩な面を持った賢い人物だった。ゆったりとした表情の裏には、取り戻すことのできない夫婦関係、今更知った息子の存在など彼だけの困難があった。また、ホンジュの挑発にも一線を超えるどころか「本当に望むなら、まず僕をその気になせなきゃ」と反応したり、妻には滑らかに接しながらも別居要求には頑固に拒否したり…。

これまでの「誘惑」ではクォン・サンウ、チェ・ジウ、パク・ハソンの3人に焦点が当たっていたが、今後、ミヌの動きも活発化しそうだ。ミヌはホンジュに本当の愛を感じていくのか、セヨンとソクフンの間でどのような役割になるのか気になるところだ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング