≪ドラマNOW≫「トロットの恋人」チ・ヒョヌ、絡まった糸をほどけるか

Wow!Korea / 2014年8月6日 11時23分

ドラマ「トロットの恋人」よりキャプチャー

※ネタバレになる内容が含まれています。

去る5日に放送されたKBS2TV月火ドラマ「トロットの恋人」(原題)では記憶を取り戻したチャン・ジュニョン(チ・ヒョヌ)がパク・スイン(イ・セヨン)とヤン・チュヒ(キム・ヘリ)理事を強く圧迫する場面が描かれた。ジュニョンは自分に話したい秘密はないかとスインに誘導質問をするかと思えば、「事件119」という番組を利用して「必ず犯人を明らかにします」と宣戦布告するなど緊張感を誘発した。

特に、ドラマの最後でチャン・ジュニョンが、事故が起きたステージ上でスインのネックレスを奪い取り、「これはお前のじゃない」と言いながらスインを驚愕させて、今後の展開に対する視聴者の期待値を最高潮に引き上げた。

ここに、ジュニョンの説得で家に戻ってきたチェ・ミョンシク(カン・ナムギル)を通じて、ジュニョンの実の母親であるファスン(チ・スウォン)が、チュニ(チョン・ウンジ)の母親であるオ・ソンジュ(イ・ヨンギョン)が声を失うことになった事件と関連があることを推察させ、少しずつほどける糸をで”嵐の前夜”の展開を予告した。

一方、この日の放送ではチョ・グヌ(シン・ソンロク)がチャン・ジュニョンの記憶が戻ってきたのを知らずに、チェ・チュニとジュニョンが互いに好意を抱いていた間柄であることを正直に話す姿が描かれた。これにジュニョンは初めてグヌが好きだと述べて、チュニのための2人の男の連合戦線を期待させた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング