≪ドラマNOW≫「朝鮮ガンマン」イ・ジュンギ、助かる?

Wow!Korea / 2014年8月8日 13時53分

ドラマ「朝鮮ガンマン」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

7日に放送されたKBSドラマ「朝鮮ガンマン」は、パク・ユンガン(イ・ジュンギ)が打ち首の刑を宣告され、移動中に刺客によって助けられる姿が描かれた。

ユンガンは檻に閉じ込められたまま義禁府に向かった。途中、スイン(ナム・サンミ)と出会い悲しい別れをした。ユンガンは山奥の道で刺客によって助けられた。

刺客は、ムン・イルド(チェ・チョルホ)だった。イルドは「君に会いたがっている人がいる」と言い、案内した。その先には王様の高宗(イ・ミヌ)がいた。

高宗は「君のお父さんを一時も忘れたことはない。私とともに君のお父さんを殺した人々を処罰しよう」と言った。

しかしユンガンはそれを断った。「私の父を殺した人が堂々と歩き、何の罪もない私は刑を宣告された。今私を殺してくれ、そうでなければまた私は奴らを殺しに行くだろう」と答えた。

高宗は「一つだけ覚えておきなさい。私は君を助けるために全てをかけた。気持ちが変わったら、私の所にきなさい」と言い、今後の展開に期待が高まった。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング