チャン・ユンジョン&パク・ヒョンビンの所属事務所、倒産を公式発表

Wow!Korea / 2014年8月11日 16時39分

チャン・ユンジョン

歌手チャン・ユンジョンやパク・ヒョンビンなどを育てた歌謡企画会社インウプロダクションが、倒産を公式発表した。

同事務所は11日、この事実を伝え「これまで家族のように過ごしてきたチャン・ユンジョンやパク・ヒョンビン、『ウィンク』、カン・ジン、チェ・ヨンチョル、ホン・ウォンビン、ヤン・ジウォン、ユン・スヒョンらは、各自が独立して活動を続けることになった」と伝えた。

特に、昨年9月に契約期間が満了していたものの、所属事務所との義理を守る形で事務所に残り、活動を続けていたチャン・ユンジョンは、新たな方向を模索しているという。

現在も契約期間が残っているパク・ヒョンビンはやむを得ず、事務所を去ることとなった。

事務所側は、経営難と内部事情が業務中断の理由であることを明かした。

2003年11月、チャン・ユンジョンの初活動から共に歩んできたインウプロダクションは、これまでパク・ヒョンビンや「ウィンク」、ヤン・ジウォンなど数多くのトロット歌手を輩出し、国内のトロット市場をリードしてきた。

事務所関係者は「10年間、ベストを尽くしてくれたチャン・ユンジョンへ感謝を伝えると共に、祝福したい。家庭内の事情でつらい時期を過ごしたが、先ごろチャン・ユンジョンの母親から『お互いに幸せを祈ろう』というメッセージを受け取り、会社側はチャン・ユンジョンと家族がこれ以上、家庭のことで傷つくことがないよう願っている」と明かした。

また「出産と育児のため休暇を過ごしているチャン・ユンジョンは、来る9月末に放送と公演活動に復帰する予定」とし、「これからは母親として、妻として、そして歌手として頑張っていくチャン・ユンジョンへ多くの応援と愛をお願いしたい」と伝えた。

これまで事務所を率いてきたホン・イクソン代表は「これまで10年間、トロットを愛し、我が社を愛してくれた方々へ感謝申し上げる。たとえ会社は消えてしまったとしても、国内のトロットがさらに発展できるように今後も多くの愛と関心を傾けてほしい」とし、最後の言葉とした。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング