≪ドラマNOW≫「トロットの恋人」チ・ヒョヌ&チョン・ウンジ、別れてから1年後に再会!

Wow!Korea / 2014年8月13日 10時30分

ドラマ「トロットの恋人」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

12日午後10時に放送されたKBS2TV「トロットの恋人」(原題)最終話ではチャン・ジュニョン(チ・ヒョヌ)とチェ・チュニ(チョン・ウンジ(Apink))が過去に両親にまつわる事情のせいで別れてから1年後に再会する姿が描かれた。

この日、チュニは顔合わせの場でジュニョンの母親と自分の父親が言い合いをするのを目撃した。2人はジュニョンの母親がチュニの母親の声を奪ったひき逃げ犯だという事実を知ってしまう。

これに対し、ジュニョンはチュニと会って「俺たち、しばらく考える時間を持とう。こんな状況で結婚するのは難しいと思う」と言った。チュニは涙をこらえて、ジュニョンは「これを言い出すのにどんなに大変だったか。つらいことは全部俺がやる。お前はもう少ししたら出て」と言うと涙をこぼした。2人は過去に大人たちがつくった縁のせいで別れることになったのだ。

その後、チュニは「ボイス・オブ・トロット」で優勝し、歌手としてしっかりと実績を積んでいく。このようなチュニの姿を見たジュニョンもまた自分の道を歩こうと決めて、米国へ行く決心をした。

ジュニョンは米国に行く前に「俺がいない間、がんばれ。音楽の神チャン・ジュニョンと付き合うならトロットの神ぐらいになる必要があるんじゃないか」と希望の言葉を残した。

1年後、ジュニョンは韓流スターとなり戻ってきた。ジュニョンが作った音楽はビルボードチャートに上がりスーパースターになった。またチュニも“トロットの女王”というタイトルを獲得し、歌手として活発な活動を続けていた。

その後、ジュニョンはチュニの控室に突然訪れ、後ろから抱きしめて「戻ってきた」と短い挨拶をして互いの愛を確認。2人はお互いを見つめながらこれまでの恋しさを表現して、見る人々までときめかせた。

また、自首したパク・スイン(イ・セヨン)も刑務所を出所しチュニに心から謝罪して、悪縁を整理した。

一方「トロットの恋人」の後続番組には「恋愛の発見」が放送される。「恋愛の発見」はラブストーリーやロマンチックコメディとは差別化された率直で現実的な恋愛談を扱った本格リアル恋愛ドラマ。来る18日より初放送される予定だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング