「KARA」は「KARA」を超えられるのか

Wow!Korea / 2014年8月17日 13時49分

「KARA」上段左からギュリ、スンヨン、下段左からヨンジ、ハラ(提供:OSEN)

人気ガールズグループ「KARA」が新しくなってカムバックする。メンバーの脱退と加入を経験して初めて大衆の前に姿を現す今回のカムバックは、「KARA」にとって大事な時期になるだろう。新しくなった「KARA」は第2幕を開けることができるのだろうか?

「KARA」は18日、ニューミニアルバム「DAY & NIGHT」を発表し、タイトル曲「マンマミーア!」で本格的な活動に入る。昨年発表した4thアルバム「Full Bloom」以来1年ぶりとなり、新メンバーとともにカムバックするとあり、関心も高いが、心配も大きい。

2007年にデビューした「KARA」は、「ミスター」、「LUPIN」などのヒット曲を出し、活発に活動してきた。音楽活動だけでなく、バラエティー番組や演技にも挑戦し、少しずつファン層を広げていき、日本でも韓流ブームをけん引しながら絶頂の人気を博した。しかしこの2年間、所属事務所の契約問題により絶えず噂が流れ、メンバーだったカン・ジヨンとニコルの脱退で再び揺らぐこととなった。

2人の脱退後、ケーブルチャンネルMBCミュージック「KARA プロジェクト:KARA THE BEGINING」を通じて「KARA」の新メンバーを視聴者が選んでいくという新たなサバイバル番組で注目を集めた。この番組で再び「KARA」に関心が高まり、ホ・ヨンジが新メンバーに選ばれ、「KARA」の第2幕が始まった。

4人のメンバーに改編された新生「KARA」は、今回のアルバムで変身した。これまではかわいらしさとセクシーさを合わせた魅力を見せてきたが、今回は「女性らしい美しさ」とさらなる「大人っぽさ」でカムバックする。

新しく出発するとあり、プロジェクトも変わった。タイトル曲「マンマミーア!」は歌謡界のヒットメーカー「イダンヨプチャギ」が作った歌で、メンバーのカラーを生かしたパワフルなダンス曲だ。特に「KARA」特有の明るいエネルギッシュなワッキングダンス(体や腕を弧を描くようにしてリズムを取る動作)増やし、パワフルな感じを強調した。これまでヒップホップグループとしてきたワッキングダンスを軸としながら、今回のパフォーマンスはもう少し華やかになる予定だ。

「ミスター」で韓流ガールズグループのトップになった「KARA」の新しい姿が、日本でも人気を保てるかにも注目が集まっている。「KARA」は「ミスター」のおしりダンスで日本でも旋風を巻き起こし、「少女時代」とともに代表的な韓流ガールズグループとなった。「Baby KARA」の公演にも2000人余りの観客が集まるほど、日本のファンの関心は高い。4人組の「KARA」がこのまま高い関心と人気を維持できるのかに注目だ。

新メンバーと新しい雰囲気でカムバックを宣言した「KARA」。大きな変化を乗り越えた彼女たちの新しい姿で、これまでの「KARA」を超え、さらに強力なパワーを発揮できるのか関心が高まる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング