“ジャッキー・チェンキッズ”こと「JJCC」、新曲を発表へ

Wow!Korea / 2014年8月19日 9時58分

「JJCC」

香港出身の世界的なアクション俳優ジャッキー・チェンが育てるK-POPグループ「JJCC」が初のミニアルバムを発表すると所属事務所が18日、明らかにした。

今回のアルバムはことし3月の1stシングル「最初はみんなそう」以降、5か月ぶりの新譜だ。

アルバムにはタイトル曲「ビンビンビン」をはじめ、「君が去っていく」や「Be good」など「異端サイドキック」がプロデュースした3曲が収録された。「ビンビンビン」のMV(ミュージックビデオ)ティーザー映像は来る19日に公開される。

「異端サイドキック」だけでなくアルバムに参加したスタッフの面々も華やかになった。

MVの制作にはドラマ「太王四神記」や映画「TSUNAMI-ツナミ-」、「第7鉱区」などでコンピュータグラフィックス(CG)を担当したMOFAC STUDIOが参加しており、振付けはSMエンタテインメントとJYPエンターテインメントでRain(ピ)や「東方神起」、「少女時代」、「Wonder Girls」、「SUPER JUNIOR」などの振り付けを担当したイ・チャンフンが務めた。

また衣装はタイムズ紙授賞式でキム・ヨナが着たドレスで話題となったデザイナー、Mag & Loganが制作した。

所属事務所は「メンバーらが5か月間、15トンのトラックに乗って江原道(カンウォンド)や忠清道(チュンチョンド)、慶尚道(キョンサンド)、全羅道(チョルラド)など韓国全土を舞台に『Heart Attack』というタイトルで公演した」とし「しっかりとしたトレーニングを経て、より一層パワフルで男性的な姿を披露するだろう」と述べた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング