脱税で摘発のトップスターSはソン・ヘギョ 「深く反省」…事務所が謝罪

Wow!Korea / 2014年8月19日 9時47分

ソン・ヘギョ

韓国のトップ女優、ソン・ヘギョが数十億ウォン台の総所得税申告が不足していたことについて「無知から始まった不正の財務処理について、深く反省している」と明かした。

ソン・ヘギョ側は19日、報道資料と配布し「2012年、国税庁より費用についての証明が適切ではなく、認めることができないとの指摘を受ける前まで、財務代理人によって不実申告が継続していたことを認知できなかった」と主張。

また「財務代理人を選任し、一切の業務を委任していたとしても、すべての最終責任は納税者本人にあると認める」とし、「大衆の注目を浴びる女優として、税金に関しても細心の注意を払えなかったことを深く謝罪する」と語った。

加えて「2年前、財務調査を通して課された追微税および加算税をすべて納付したが、無知から始まった財務処理について深く反省している」とし、「今後、再び同じ過ちを繰り返さないよう注意していく」と反省の弁を述べた。

監査院によると、ソン・ヘギョは2012年、ソウル地方国税の財務調査過程で2009年から3年間、総所得税の申告時、予備交通費など計59億5300万ウォンの内、92.3%に該当する54億9600万ウォンを支出証明がないまま必要経費に加えて申告していたとし、摘発された。

ソウル地方国税庁が当時、ソン・ヘギョがこれを通して2009年帰属総所得税7億8500万ウォン、2010年帰属総所得税8億1800万ウォン、2011年帰属総所得税9億5400万ウォンなど、計25億5700万ウォンを過少申告したと把握した。

なお、ソン・ヘギョはソウル地方国税庁の調査結果に従い、該当金額と加算税などを後に納付した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング