≪ドラマNOW≫「夜警日誌」コ・ソンヒ、彼女の涙がおぼろげな理由

Wow!Korea / 2014年8月20日 10時10分

ドラマ「夜警日誌」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

あまりに疲れた一日だった。劇中、様々な種類の大変な苦労と屈辱的な言葉まで浴びせられた女優コ・ソンヒは、片付けることのできない極限の感情に、節制された涙の演技を披露し、これが視聴者へ強力なインパクトを残したのだ。

去る19日に放送されたMBC月火ドラマ「夜警日誌」では、困難にぶち当たるドハ(コ・ソンヒ)の姿が描かれた。

この日の放送でドハは、呪いにより離宮に閉じ込められたパク・スリョン(ソ・イェジ)が捕縛の危機に迫られると、これを救い出した。スリョンはドハと会話を交わす中、ブレスレットを受け取るために来たというドハの言葉に激怒。そして、ドハへ銀塊をひとつ与えて「これで、ブレスレットを買うことができる。二度と大軍の前に来るな」と激しい口調でドハをうろたえらせた。

また、12年前に消えた姉を探すため、孤軍奮闘するドハは偶然にモ・ヨンウォル(ムン・ボリョン)に会う。瞬間、ドハの頭には姉の姿が浮かび、モ・ヨンウォルはそんなどはを食い入るように見つめた。その後、ドハは彼女へ自身の話をしようとしたが、モ・ヨンウォルは屈辱的な言葉でドハを追い出し、今後の展開に好奇心をかき立てるワンシーンとなった。

これで、ようやくドハのストーリーが出発した。印象深い演技でスタートを迎えたコ・ソンヒ。うまくまわることのないドハの人生をコ・ソンヒはどのように表現していくのだろう。注目が集まる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング