【公演レポ】パク・ジョンミン 「Summer Break」はまさに夏にぴったり!

Wow!Korea / 2014年8月25日 13時24分

パク・ジョンミン

アイドルグループ「SS501」のメンバーとして2005年6月に韓国でデビュー後、ソロ活動でも人気を博しているパク・ジョンミン(SS501)が8月1日(金)のタワーレコード渋谷店でのミニアルバム「Summer Break!」発売を記念したイベントに続き、8月2日(土)にはCDリリース記念コンサート「Summer Break」を渋谷文化総合センター大和田 さくらホールにて開催した。

会場内が外に勝るとも劣らない熱気の中、新曲「Summer Break!」のPVが流れた後、生バンドを引き連れてパク・ジョンミンが登場。インパクトのあるピンク色のヘアスタイルに夏らしく白いTシャツとダメージジーンズに白いハイカットスニーカーを合わせたファッションで早速、タイトル曲「SummerBreak!」を披露。ファンも振り付けを覚えていて一緒に踊るなど最初の曲から大いに盛り上がりを見せた。続けて、今年5月発売のミニアルバムからタイトル曲「Save Us Tonight」を歌い、最初のMCコーナーへ。

パク・ジョンミンのイベントではおなじみのMC「にぼし」が登場し、今日はリハーサルなしでステージをむかえたことを暴露して笑いを誘った。

ここで新曲「Summer Break!」について、ジョンミンは「苦しいけど楽しく歌えました。『抱きしめて』という歌詞のところで声が出しにくくて変になってしまったけど大丈夫!」と語り、笑顔を見せた。

「Summer Break!」はKARAの「GOGOサマー」やSS501の曲を作った作曲家の作品で作詞は松井五郎氏、歌うのはパク・ジョンミンとMCから説明があるとファンから大きな歓声があがった。またPVはなんと朝5時から一日がかりで暑い中、撮影したことなども明かした。

次に、「OB」(おっさんバンド)と呼ぶバックバンドのメンバーもここで紹介し、大いに盛り上がった。

その後、夏らしい曲ということで「Lucky Days」を歌いおわったところで、ジョンミンが「今日歌っててわかったんだけど、のどの調子がよくないです。ちょっと変になっても『ケンチャナヨー』してくれ。」とファンに頼む場面も見られた。次の曲は「Mermaid」で座って歌い、じっくりと聞かせた。歌い終わった後、「この曲は難しい」と何度も口にし、「夜の回にはもっとうまく歌います」と宣言すると会場からは笑いが起こった。

そして次の曲の説明へ。「失敗して気持ちが寂しくなる時に癒してくれる、はげして?はげま?はげまし?はげます?はげして?(ここでOBのメンバーから『励まして』と教えてもらい)励ましてくれるそういう曲です。」と頑張って最後まで説明したが「めんどくさいな」と小さな声でぽろっと本音が…。トークを日本語で頑張っている姿も人気の秘訣のようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング