【イベントレポ】「WAZZ UP」ファンと“サマーパーティー”満喫「夏の思い出できた」

Wow!Korea / 2014年8月26日 16時34分

「WAZZ UP サマーパーティー2014」

去る24日、Future SEVEN(東京・南青山)にてヴォーカル・ラップ・グループ「WAZZ UP」が「WAZZ UP サマーパーティー2014」を開催した。同イベントは今月6日に発売されたばかりの2nd アルバム「YEAH」を引っさげて行われたものだ。会場には熱狂的なファンが訪れ、「WAZZ UP」の振り付けを一緒に踊るなどこの暑い夏に相応しい盛り上がりを見せた。

第1部は2nd アルバム「YEAH」の収録曲すべてをノンストップで披露。「TIME」「Stay Here」などしっとりと聴かせる楽曲から、「TOKYO MIDNIGHT」などノリノリの楽曲まで、さまざまな表情を見せた「WAZZ UP」。アンコールでは夏にぴったりのリード曲「YEAH」とJUNEお気に入りの一曲「Sexy Beach Party Yes!!」をパフォーマンスし、会場を盛り上げた。

終了後にはトークタイムを実施した。kyo-heyはJUNEに内緒で「PrizmaX」のメンバー、森崎ウィンと海水浴に出掛けたことを暴露。寂しそうにするJUNEに向かって謝罪する場面もあり、笑いを誘った。また、「夏が終わる前にやりたい事」として「2人一緒にkyo-heyの故郷、滋賀県の琵琶湖に行こう」と約束。JUNE個人としては「高所恐怖症」克服のために「バンジージャンプ」に挑戦することを豪語した。

また、アルバム制作の秘話も公開。「My Lady」は妄想の中での理想の女性像を書き、「君がいない部屋」は別れた時の気持ちを表現し、強い心で次の恋に進むという覚悟を描いているなど、聴く側が共感しやすい作品に仕上げたと紹介した。さらに、ファンのリクエストからバラード曲「The Thing About You」をアカペラで熱唱し、会場を魅了した。

続く第2部は1部のセットリストとは大きく異なり、1stアルバムからのライブ定番曲をメインに構成された。「I Gotta Go」、「Don't Stop The Music」、「OH!」といった熱狂必至の「WAZZ UP」らしい楽曲から、「The Thing About You」、「KIMI・GA・SUKI」などのポップナンバーを続けて披露。その後も「TOKYO MIDNIGHT」、「YEAH」などの新曲で場内の熱気は高まり続け、ラストナンバー「Sexy Beach Party Yes!!」を披露し、ほぼMCなしで本編を駆け抜けた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング