韓国の名監督ホン・サンスが”飲酒撮影”する理由とは?

Wow!Korea / 2014年8月29日 16時50分

ホン・サンス監督

ホン・サンス監督が、自身の作品に”飲酒撮影”を取り入れる理由を明かした。

ホン・サンス監督は29日、ソウル・ロッテシネマ建国大入口で開かれた「自由の丘」マスコミ試写会および記者懇談会の席で、飲酒するシーンで実際に俳優へ酒を飲ませる理由について「酒を飲んでいるとき、紅潮が良い。また、記憶が喚起されることもあり、役立つ点が多いようだ」と回答した。

実際に、今回の撮影でも日本人俳優の加瀬亮とキム・ウィソクが一杯するシーンで、実際にも飲酒しながら臨んだという。

また、日本人俳優である加瀬亮をキャスティングした背景については「普段から、加瀬さんが私の映画を好きでいてくれたという話を聞き、偶然に日本で会う機会があった。その際、会話をしながら『とても好感のもてる人だ』と感じた」と語った。

続けて「初めて会ったときから、いいなと感じた。心から惚れ込んだというか…。たばこを吸いながら『私の映画に出てみる?』と声をかけたら『ぜひ』と返事をくれた。そのようにして、2013年7月頃、撮影することになった」と説明。「美しく、考えがすばらしい。良い人だ」とホン監督は、加瀬亮を絶賛した。

ホン・サンス監督の16作品目となる新作「自由の丘」は、人生の中で大切だった恋人を探すため、韓国にやって来るモリがソウルで過ごす数日間を描いた作品。「第71回ベネチア映画祭」オリゾンティ長編部門に進出し、関心を集めた。昨年までオリゾンティ部門は、非コンペティション部門だったが、ことしからコンペティション部門となり、カンヌ国際映画祭の注目すべき視線部門と肩を並べている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング