イ・ビョンホン側「推測性デマに強力対応…サイバー捜査隊に依頼」

Wow!Korea / 2014年9月4日 9時53分

イ・ビョンホン

韓国俳優イ・ビョンホン側は20代女性らが「汚い動画を流出する」とし大金を要求した事件が起きた。これと関連して「悪質なデマや陰湿な情報で2次被害を受けている」とし「推測性の悪質なデマに強力に対応する」と明かした。

所属事務所BHエンターテインメント(以下、BH)は4日、報道資料を通じて「計画犯罪の明白な被害者であるにも関わらず、事件の捜査がきちんと行われる前に身の上が公開され、確認されていない事実が無分別に報道されている」と主張した。

BHは「推測性の悪質なデマのレベルがこれ以上傍観できないレベルであり、これは今回の犯罪行為に対して協力するのと同じだと判断。現在、サイバー捜査隊に捜査を依頼した状態」とし「今後、強く法的に対処する方針」と付け加えた。

一方、イ・ビョンホンがわいせつな話をしている動画を公開するとし、大金を要求したガールズグループのメンバーAとモデルBは3日午後、拘束された。

2人はことし6月、イ・ビョンホンが酒の席でわいせつな話をしている場面をスマートフォンで撮影した後、「50億ウォンを支払わなければインターネット上に流す」と脅迫した疑いを持たれている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング