「LADIES' CODE」リセ、4日午後もこん睡状態… 事務所側「意識を取り戻して」

Wow!Korea / 2014年9月4日 15時31分

「LADIES' CODE」リセ(左から2番目)

去る3日深夜に発生した交通事故で重体となった韓国ガールズグループ「LADIES' CODE」のリセ(本名クォン・リセ、23)が、4日午後になってもこん睡状態が続いている。

所属事務所ポラリスエンターテイメントの関係者は4日午後、OSENの取材に応じ、「リセ(LADIES’ CODE)の意識はまだ戻っておらず、状態が好転したわけではない」とし、「何とか峠を越えてほしい」と明かした。

「LADIES' CODE」は3日深夜、大邱(テグ)での仕事を終えてソウルへ戻る途中、乗っていたワゴン車が雨でスリップする事故を起こした。この事故で、メンバーのウンビ(本名コ・ウンビ、21)が死亡した。なお、ウンビの遺体はソウル高麗大学 安岩病院葬儀場に安置された。

リセは3日深夜2時から10時間を超える大手術を受けた。事故で頭部を負傷し手術を受けていたが、血圧が急激に低下したため手術を中断し、集中治療室へ運ばれたと伝えられている。

この事故で顔を骨折したソジョンは明日午後、手術を受ける予定。また、アシュリーとジュ二は幸い軽傷だが、大きなショックを受けていることから検査や治療を受けている。現在、リセを除いたメンバーは、ウンビの遺体が安置された高麗大学 安岩病院へ入院中だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング