「LADIES' CODE」リセ、意識戻らないまま3日目…ソジョンはきょう手術

Wow!Korea / 2014年9月5日 10時8分

「LADIES' CODE」リセ(左から2番目)

去る3日深夜に発生した交通事故で重体となっている韓国ガールズグループ「LADIES' CODE」のリセ(本名:クォン・リセ、23)は事故から3日目となった5日も意識が戻っていない。

所属事務所ポラリスエンターテインメントの関係者は5日午前、OSENの取材に応じ、「リセ(LADIES’ CODE)は、いまだ意識が回復していない。状況に大きな変化はない」と明かした。

一方、「LADIES' CODE」は3日深夜、大邱(テグ)での仕事を終えてソウルへ戻る途中、乗っていたワゴン車がガードレールを突き破る事故を起こした。この事故でメンバーのウンビが死亡、リセは重体となっている。

3日深夜2時から10時間を超える大手術を受けたリセ。事故で頭部を負傷し手術を受けていたが、血圧が急激に低下したため手術を中断し、集中治療室へ運ばれたと伝えられている。

また、この事故で顔面骨折の重傷を負ったソジョンは本日(5日)午後に手術を受ける予定。事務所関係者は「きょう午前中に検査を受けた後、午後に手術が行われる予定だ」とし、「ソジョンは事故後にも意識はあり、受け答えもしっかりとしている。前向きな性格のメンバーであるため、手術も精神力で乗り切ってくれると信じている」と語った。

一方、アシュリーとジュニは幸い軽傷だが、精神的ショックが大きいため検査や治療を受けている。現在、リセを除いたメンバーらは故ウンビが安置された高麗大学 安岩病院に入院している。

韓国芸能ニュースのワウコリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング