≪ドラマNOW≫「アイアンマン」イ・ドンウク&シン・セギョン、もっとはやく見たかった新トップスターカップル

Wow!Korea / 2014年9月11日 10時27分

ドラマ「アイアンマン」(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

KBS2TVの新水木ドラマ「アイアンマン」のイ・ドンウクとシン・セギョンが初対面シーンだけでも、火花散る化学反応を発揮した。女優シン・セギョンの匂いに酔ったイ・ドンウクの幸せな表情は、見る者に笑いを誘い、彼らが今後、どのような相性を見せるのか期待感が高まった。

10日に初放送となったドラマ「アイアンマン」1話では、冷酷なゲーム会社CEOチュ・ホンビン(イ・ドンウク)とつらい状況にも笑顔を忘れない温かい女性ソン・セドン(シン・セギョン)の性格と彼らが陥った状況、そして2人の出会いが描かれた。

毒舌で冷たい男チュ・ホンビンは自身の物理的暴力により入院した職員たちを見舞うため病院を訪れ、馴染んだ匂いに引きずられた。彼が恋人の匂いと錯覚し辿りついた場所にいたのはソン・セドン。ホンビンは明るく笑うセドンの姿に、花や果物の香りを想い浮かべ、彼女に関心があるように見せた。

特に、イ・ドンウクが笑顔のシン・セギョンを見るシーンでは、2俳優の化学反応が発揮された。透き通った肌と高い身長、神経質な表情で他の人々に指示を与えるのが似合うイ・ドンウクと温かい肌の色と物静かな語り口、問題が生ずれば積極的に笑うシン・セギョンの出会いは、視聴者が待っていた新しいトップスターカップルの誕生を知らせた。

俳優イ・ドンウクと女優シン・セギョンは同作品を通して初共演となるが、彼らが登場するシーンは、調和された画が映し出されているという評価だ。独特なキャラクターであるチュ・ホンビンとソン・セドンを演じる上で、彼ら俳優の演技力はドラマの勝敗を左右すると予想さえる。安定的な演技力で映画やドラマなど多様なジャンルをこなす2人の俳優が、どのような心温まるラブストーリーを描いていくのか注目だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング