≪ドラマNOW≫「大丈夫、愛だ」チョ・インソン、涙の別れ

Wow!Korea / 2014年9月11日 22時58分

ドラマ「大丈夫、愛だ」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

11日に放送されたSBSドラマ「大丈夫、愛だ」16話では、自身の幻覚である人物ハン・ガンウ(ト・ギョンス)に別れを告げるチャン・ジェヨル(チョ・インソン)の姿が描かれた。

ジェヨルは傷だらけのガンウの足を洗ってやり、新しい靴をはかせてやった。ジェヨルはガンウに「俺の彼女がお前にありがとうだって。もし俺がお前に会えなかったら、罪悪感で今まで生きてこられなかっただろうって。俺がお前に慰めていると思ったが、実は俺自身を慰めていたんだって」と言った。

続けて「ガンウ、ありがとう。お前に会ってわかった。俺は強がっていても、継父や兄さんの暴力が本当に怖かった。母さんが殴られているのを見ながら、何もできなかったのが本当に嫌だった。裸足で野原に逃げた時、泣いてなかったけどすごく怖かった」と言いながら、自身のトラウマを悟った。

ガンウは「もう過ぎたことです」とジェヨルを慰めた。続けて「もう僕が来ても無視してください。どうしても僕に会いたくなったら、鏡を見てください。先生が僕なんだから」と言った。

二人は抱き合って見つめて別れた。幻覚の人物ガンウが消えていき、窓に映った自分の姿を見ながらジェヨルは涙を流した。これを見守っていたチ・ヘス(コン・ヒョジン)はジェヨルを温かく抱きしめた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング