≪ドラマNOW≫「アイアンマン」ハン・ジョンス、イ・ドンウクへの忠誠理由が見えてくる

Wow!Korea / 2014年9月25日 22時48分

ドラマ「アイアンマン」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

25日に放送されたKBSドラマ「アイアンマン」では、コ秘書(ハン・ジョンス)が自身の過去を回想する姿が描かれた。

チュ・ホンビン(イ・ドンウク)は過去にテヒ(ハン・ウンジョン)が父親チュ・ジャンウォン(キム・ガプス)の意図で暴行されて死んだという事実を知って、怒っていた。また自分は腹が立つと体から刀が出るという事実も知ってしまう。

それからホンビンはつらそうにしていたが、それを見ていたコ秘書は妙な表情で過去を回想した。それはコ秘書がテヒの父親を車に乗せてどこかに連れて行く姿。テヒの父親は「ホンビンがどこにいるのか知ってるか?」とテヒの遺言を守ってやろうとしたが、コ秘書は知らないと答えて目をそらした。これがコ秘書の忠誠心の理由ではないかと関心を高めた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング