≪ドラマNOW≫「アイアンマン」イ・ドンウク、ハン・ウンジョンの生存を知った

Wow!Korea / 2014年10月24日 5時58分

ドラマ「アイアンマン」より(提供:OSEN)

※ネタバレになる内容が含まれています。

23日に放送されたKBSドラマ「アイアンマン」13話には、チュ・ホンビン(イ・ドンウク)にキム・テヒ(ハン・ウンジョン)とずっと連絡してきたと告白するチュ・ホンジュ(イ・ジュスン)の姿が描かれた。

ホンジュはホンビンに何も無かったようにテヒについて話した。「テヒは死んだだろ」と驚くホンビンに、ホンジュは「ちょっと前まで僕と一緒にいた」と言った。ついさっきまで死んだと思っていた元カノが生きているという事実に、ホンビンはショックを受けた。

ホンビンはソン・セドン(シン・セギョン)と、別れと和解の連続の末、お互いを受け入れていた。しかしこれとともにホンビンは父チャンウォン(キム・ガプス)にテヒを殺され、彼女の母親を苦しめたことに怒っていた。複雑な状況はこれからホンビンをどうするつもりなのか、そしてホンビンはこの状況を抜け出せるのか関心を集めた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング