サヒ、映画「純粋の時代」でチャン・ヒョクと夫婦に

Wow!Korea / 2014年11月6日 8時58分

韓国女優サヒが、映画「純粋の時代」で”チャン・ヒョクの妻”に抜てきされた

韓国女優サヒが、映画で”チャン・ヒョクの妻”に抜てきされた。

サヒが映画「純粋の時代」で初の時代劇に挑戦し、主人公チャン・ヒョクの妻、閔氏(ミンシ)役で撮影を終えた。

劇中、閔氏は後に太宗 李芳遠(イバンウォン)の遠景王侯となる人物で、強力な演技変身が予告される。

”ミス春香(チュニャン)”として芸能界にデビューしたサヒは、これまで見せてきた洗練された現代女性のイメージを脱ぎ、朝鮮版ファム・ファタール(運命的な恋愛の 相手、もしくは赤い糸で結ばれた相手)のキャラクターに初挑戦する。制作関係者は「イメージ変身を始動したサヒは、いつも誠実な態度で演技に情熱をみせ、現場スタッフの称賛を受けた」と伝えた。

映画「純粋の時代」は、朝鮮建国当時、宮廷で王座をめぐる謀略が後を絶たなかった悲劇的な状況で、最も純粋な欲望を扱った映画。「ブラインド」のアン・サンフン監督はメガホンを取った。

一方、サヒは現在SBS日日ドラマ「清潭洞スキャンダル」に出演中だ。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング