また“大麻吸引容疑”E-Sens側「事実関係を本人に確認中」

Wow!Korea / 2014年11月6日 10時32分

韓国のラッパー、E-Sens(27)が大麻を購入し吸引した疑いで書類送検された。そんな中、E-Sens側は5日午後、本人に確認中であることを明かした。

韓国のラッパー、E-Sens(27)が大麻を購入し吸引した疑いで書類送検された。そんな中、E-Sens側は5日午後、本人に確認中であることを明かした。

所属事務所ビースツアンドネイティブス(beastsandnatives)の関係者は「記事を通して大麻容疑を知った。本人に事実関係を確認している」と伝えた。

この日、京畿(キョンギ)地方警察庁麻薬捜査隊は、外国のインターネット大麻草販売サイト運営者と韓国国内での販売関係を結び、大麻500gを密輸入して流通させた容疑(麻薬類管理に関する法律違反)で、A氏ら5人を検挙し3人を拘束した。彼らと共に、インターネットサイトの広告を見て大麻を購入したE-Sensをはじめ、留学生や大学生27人も書類送検された。

警察によるとA氏ら国内の販売者たちは、米国で大麻の販売サイトを運営するB氏とSNSを通して連絡していた。

これを前にE-Sensは2012年4月にも、大麻吸引容疑で1年2月の懲役と2年の執行猶予を宣告されていた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング