≪ドラマNOW≫「ミセン」会社員の現実をズバリと表現し、視聴者を共感させる

Wow!Korea / 2014年11月7日 22時49分

ドラマ「ミセン」より

※ネタバレになる内容が含まれています。

7日に放送されたtvNドラマ「ミセン」7話では、成就感のある仕事の楽しさ探すのか、組織に順応して昇進に有利なことをするのかで葛藤するオ・サンシク課長(イ・ソンミン)と営業3課の社員の様子が描かれた。

部長が提案した中国事業の件の代わりに、危険要素の多いイランの原油事業の件を開発させていた途中で予想できなかった状況に陥るサンシクが、実績が明らかな事をして昇進の足場を固めるのが大事か、成就欲を高めて仕事の楽しさを追求するのが大事かの分かれ道で葛藤する。

またドンシク(キム・デミョン)は「会社員は月給と昇進を抜かしたら何になるのか」という話題を投げかけ、やりたい仕事よりはしなければならない仕事を強要される会社員のほろ苦い現実に対して振り返るきっかけを視聴者に提供した。

さらにチーム内で「よくできる新人女性社員」の対価を払っているアン・ヨンイ(カン・ソラ)は、厳格だと噂の財務部長に保留されたアイテムを持って訪ねる意気込みを見せる。上司らの理由なき無視と村八分による状況でも屈せずに自分の立場を守ろうとする“ミセン(未生)”たちの凄絶な戦いが再び視聴者の胸を濡らしていくと見られる。

韓国芸能ニュースのワウコリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング