飲酒運転のノ・ホンチョル、自らTwitterで謝罪

Wow!Korea / 2014年11月14日 22時22分

ノ・ホンチョルは14日午後、自身のTwitterで「ノ・ホンチョルです。まず未熟な行動で多くの方にご心配をかけました点、改めてお詫び致します」と謝罪した。(提供:OSEN)

韓国の人気タレント、ノ・ホンチョルが飲酒運転に関して謝罪文を掲載した。

ノ・ホンチョルは14日午後、自身のTwitterで「ノ・ホンチョルです。まず未熟な行動で多くの方にご心配をかけました点、改めてお詫び致します」と謝罪した。

続けて「申し訳ないとしか言いようがありません。私は所属事務所がない関係上、記者の方全員に連絡を差し上げるのが難しいため、勇気を出してこちらに掲載します」と述べた。

さらに「13日に『飲酒測定を強く拒否し、警察によって強制採血された』という報道がありました。しかし飲酒測定時に余裕がなくあたふたしてしまったのは事実ですが、自分が飲酒運転という間違ったことをしたということは分かっていたので、最大限、警察の指示に従いました。ましてや測定器を手で押しのけて強く拒否したといういざこざなどあるわけがありません。呼吸測定ではなく採血検査をすることになった経緯は、現場で検問中だった警察の方から飲酒測定方法について説明を聞いた後、現場に到着したマネジャーと相談した末、採血検査を私が選択したものです」と報道された内容を否定した。

最後に「全ては飲酒運転をした私の過ちであり、反省しています。また今後どんな叱責も処罰も受けるつもりです。最後に多くの方を失望させてしまい、誠に申し訳ございませんでした」と改めて謝罪した。

ノ・ホンチョルは8日未明、ソウル・江南(カンナム)区のホテル付近で飲酒運転が発覚した。警察関係者によると、ノ・ホンチョルは20~30mほど運転したところで検問によって摘発され、採血測定後、帰宅処置を受けた。

今回の件で、出演中のMBCバラエティー番組「無限に挑戦」と「私一人生きる」などで番組降板したが、特に「無限に挑戦」については国民的長寿番組であり、ノ・ホンチョルは長年出演し続けてきたため余波は大きい。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング