【公演レポ】ミュージカルをこよなく愛するイヒョン、ファンのサプライズにもとびきりの笑顔で!

Wow!Korea / 2014年11月18日 16時44分

左からキム・イサク、LEN(レン)、イヒョン

「エリザベート」にも出演したミュージカル界の新星キム・イサク、KBSの「私の生涯最後のオーディション」で美しいピアノの旋律と爆発的な歌唱力で優勝したピアノマンLEN(レン)、そして「Re-Bro」のメンバーでもあり、ミュージカルでも活躍するイヒョンの3人が、11月8(土)、9日(日)東京・二子玉川KIWAにて 3人3色単独コンサート『~ 秋のいろ(恋)2014_2~』を開催した。

取材に訪れた9日(日)のイヒョン単独公演。ステージが暗転すると、すらりとした長身のイヒョンがブラックスーツに蝶ネクタイで颯爽と登場。ファンの拍手で迎えられ、1曲目はミュージカル『ジキル&ハイド』から「This is the moment」。ミュージカルさながらに情感を込めた歌い方でファンの視線を惹き付けた。

「昨日より緊張しています」とイヒョン。「初めて僕を見る方いらっしゃいますか?僕は韓国でミュージカル俳優をしています。そして歌手もやっています。2001年ハーモニーグループ「5tion」でメインボーカルとしてデビューしました。そして軍隊にいって、それからミュージカルを始めました。今はミュージカル俳優として活動して、歌手の活動も活発にやっています。よろしくお願いします」と丁寧に自己紹介した後、「ああ、本当に緊張します(笑)」と笑顔を見せると、ファンから「イヒョン!」と声援が飛んだ。

1曲目の「This is the moment」について「歌だけでお聞かせするより、少しだけ演技をお見せした方がわかりやすいと思って準備しました」と聴きどころを語り、続く2曲目も同ミュージカルから「Alive」を力強く歌い上げると、ファンからは大きな拍手が沸き起こった。

「ジキル&ハイドは世界的に有名な作品ですよね。素晴らしい作品は世界の誰もを共感させるものがあります」と優しく語りかける。「歌詞が違っても聞き取れなくても、感情が伝われば繋がるものがありますね。僕はプレーヤー、伝達者の立場ですけど、そういうのが面白いです」とミュージカルの魅力について語った。

続いては定期的に行われている同コンサートの出演者に与えられた指定曲。前回10月に取材に訪れた『~ 秋のいろ(恋)2014_1~』に引き続き、今回も「Autumn Leaves」が指定曲。

「皆さん、秋は好きですか?僕は四季の中で秋が一番好きです。その次が春。秋になると、人は優しくなるでしょう。感情が豊かになって柔くなるでしょ。僕はソフトな人が好きです」と好みのタイプについても気取らずに語る。「攻撃的な人や礼儀正しくない人は好きではない。話もこうやって静かに聞いてくれる人がいい(笑)」と言ってファンを見渡す。「昔の恋を思い出したり、今愛している人を思い出したりして、自由に席から立って歌っても大丈夫ですよ。僕のことは気にしないで(笑)」と声をかけ、和やかな笑顔に包まれた会場を「『Autumn Leaves』聞いてください」と静かに秋の世界へと誘った。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング