【公演レポ】「ZE:A」派生ユニット「ZE:A J」誕生! 2015年1月新曲『ルーレット』のリリースも発表!

Wow!Korea / 2014年11月21日 17時51分

「ZE:A」派生ユニット「ZE:A J」

9人9色の宝箱のような魅力と圧巻のライブパフォーマンスでファンを魅了し続けているボーカールグループ「ZE:A(ゼア)」。韓国ではソロ活動も活発に行われ、ドラマ、ミュージカル、バラエティー、CM等多数出演し、見ない日はないほど幅広い世代で支持され、人気を博している。

ことし6月、韓国で約10か月ぶりにアルバム「First Homme」でカムバックを果たした「ZE:A」だが、その中でケビン、テホン、ヒチョル、ミヌ、ドンジュンが来日。11月15日(土)東京・渋谷TSUTAYA O-WESTにて「ZE:AFive Show」を昼夜2公演開催し、ファンから熱い応援を受けて大盛況で飾った。

メンバーの名前入りのうちわやペンライトを手にしたファンで埋め尽くされた会場は彼らの登場前からファンの熱気に包まれていた。赤と黒を基調としたそれぞれの個性が光る衣装でケビン、テホン、ヒチョル、ミヌ、ドンジュンが登場!「後遺症」でオープニングを飾ると大歓声が沸き上がり、会場のテンションは早くも最高潮へ。

称賛が込められた大歓声に迎えられ再びパフォーマンスするメンバーたち。ファンの応援を受け、熱いステージを届けた後はあいさつへ。「みなさん、こんにちは。僕たちは『ZE:A』です!」と全員で声を合わせたあとは、ヒチョルが「お元気でしたか?」とファンへ投げかけ、テホンに「テホンくんも久しぶりですよね」と促すと、「みなさん、本当に、お久しぶりです」と応えるテホン。

ことし、総合格闘技のデビュー戦での負傷が心配されたテホンだが、「心配かけて、本当にごめんなさい。僕はもう大丈夫です。心配してくれて本当にありがとうございます。これからもっと、がんばります」と笑顔を見せた。

ケビンが「ケビンのコンサートです。今から、スペシャルなステージがあります。みなさん、楽しんでください」と自身の紹介で、ソロコーナーへ。ケビンがDJを務めるラジオ番組「HOT BEAT」で歌ったというCiaraの「Sorry」を真紅のスーツを着こなし、身体でリズムをとりながら歌うケビン。その美しい歌声にファンたちはうっとりと聴き入った。

グリーンのジャケットに着替えて登場したテホンはソロステージをケビンからバトンタッチ。「みなさん、本当に会いたかったで~す!」と声をかけ、パク・ヒョンビンの「シャバンシャバン」を熱唱。軽快なテンポで繰り広げられるステージに会場のファンもノリノリ。「みなさん、シャバンシャバン、一緒に歌ってください!」と途中からは日本語で歌うテホン。ファンの応援には握手で応えるなど熱いファンサービスと演歌歌手?!テホンとしての新たな魅力で会場を魅了した。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング