「JYJ」ユチョン、新人賞2冠…いい映画俳優の誕生

Wow!Korea / 2014年11月22日 11時27分

パク・ユチョンは映画「海霧」で新人賞2冠を達成した。(提供:OSEN)

まさに栄光の現場だった。「第51回大鐘賞映画祭」新人男優賞部門の受賞シーンは、アイドルの威力を感じさせる瞬間だった。

その中心には“俳優”パク・ユチョン(JYJ)がいた。しかし“アイドル出身”というタイトルは少なくとも映画界では彼に何の制約をもたなかったことは明らかだ。パク・ユチョンは映画「海霧」で新人賞2冠を達成した。21日にソウル・KBSホールで行われた「第51回大鐘賞映画祭」授賞式で、主演を務めた映画「海霧」で新人男優賞受賞の栄光に輝いたのだ。

映画「海霧」は彼のスクリーンデビュー作だ。2010年にドラマ「成均館スキャンダル」をはじめ、「ミス・リプリー」、「屋根部屋のプリンス」、「会いたい」、「スリーデイズ」などテレビドラマで存在感を表したパク・ユチョンは、壁が高いと言われるスクリーンを軽くジャンプ。初挑戦で大きな成果を出した。

さらに「海霧」は、「第51回大鐘賞映画祭」が重点に置いている興行成績を満たしているとは言えない映画だったにもかかわらず、映画「弁護人」のイム・シワン(ZE:A)、「ファイ悪魔に育てられた少年」のヨ・ジングら候補者を抜いて新人賞をつかんだという事実に大きな意味がある。

映画「海霧」でパク・ユチョンは、外見的には体重を増やし、技術的には方言を習得して純粋な末っ子船員ドンシクの感性を見事に表現した。キム・ユンソクらカリスマ性あふれる演技派俳優の先輩たちに負けないエネルギーを見せた。

先日パク・ユチョンは「第34回韓国映画評論家協会賞」で新人男優賞を受賞した。今回の受賞でことしの映画授賞式ですでに2冠を達成したパク・ユチョンは、来月開催される「第35回青龍映画賞」授賞式ではどんな結果が出るのか注目される。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング