【イベントレポ】ハン・ヒョジュ「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」舞台挨拶登壇! 相葉雅紀が「凄く頭のいい人」と絶賛!

Wow!Korea / 2014年11月24日 12時3分

女優ハン・ヒョジュ

「嵐」の相葉雅紀が単独初主演し、榮倉奈々、生田斗真、そして韓国ドラマ「トンイ」や「華麗なる遺産」など話題作で主演を努めた人気女優ハン・ヒョジュなど豪華キャストで話題の映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」が11月22日全国公開を迎えた。公開日当日、東京・TOHOシネマズ六本木にて舞台挨拶が行われ、映画公開を待ちわびたファンが劇場につめかけ、会場は満席で、映画の大ヒットを予感させた。

映画観賞後に行われた舞台挨拶に、映画のテーマ曲である山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」が流れる中、出演陣の相葉雅紀、ハン・ヒョジュ、榮倉奈々、生田斗真、塚地武雅、劇団ひとり、そして犬童一心監督の順に登場すると、ファンの大歓声と拍手で場内の温度が一気に上昇。

まずは、主人公の光役を演じた相葉雅紀が「本日はお忙しい中、この劇場にお越しの皆さん、中継先の皆さん、本当にありがとうございます。短い時間ではありますが、楽しい時間にしたいと思います。よろしくお願いします」とあいさつ。

続いて、ヒロインの杏奈役の榮倉奈々が「みなさん、今日はどうもありがとうございます。会場に入った瞬間の皆さんの温かさで、改めて相葉さんは凄いなと思い尊敬しています」と語ると、テ・ソヨン役のハン・ヒョジュが「テ・ソヨンを演じましたハン・ヒョジュです。私も相葉さんを尊敬しています」と続け、見事な連携で会場の笑いを誘った。「この映画で感じた温かさを皆さんも感じていただけたらうれしいです。今日はお越しいただきありがとうございました」と感謝の言葉を伝えると、劇場にはキャストの仲の良さが伺える和やかな空気が流れた。

そして、北山役の生田斗真が「皆さんこんにちは。生田斗真です。相葉くんの初の単独主演映画に携わることができて、すごくうれしいです。今日は相葉くんにとって特別な日なので、きっと最後の方には号泣して明日の朝には『相葉男泣き!』の見出しを期待できると思います」と述べ、笑いを誘った。

デビクロくんの声を演じた劇団ひとり、主人公の光の同人誌仲間の夢野役を演じたドランクドラゴンの塚地武雅と続き、最後に犬童一心監督が「今日はお越しいただきありがとうございます。相葉くんの初主演映画の監督ができて、監督冥利につきます」とあいさつすると、会場は温かい拍手で包まれた。

そして、いよいよ映画公開初日を迎えて「とうとうこの日が来たなという感じですが、皆さん(映画を観て)いかがでしたか?」と相葉からの問いかけに会場から称賛の拍手が沸き起こり、出演陣から笑顔がこぼれた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング