ジョアン、親友ハヌルの待つ天国へ…1年の間に2人相次ぎ他界

Wow!Korea / 2014年12月3日 16時7分

韓国歌手ジョアンが交通事故で他界したニュースが伝えられると、親友だったハヌルの死と共に、悲しみを広げている。(画像:news1)

韓国歌手ジョアンが交通事故で他界したニュースが伝えられると、親友だったハヌルの死と共に、悲しみを広げている。

ジョアンは去る11月26日(現地時間)、米国・ロサンゼルスで交通事故に遭い、意識不明に。その後、12月2日、息を引き取った。享年26歳。

ジョアンは作曲家キム・ヒョンソクから抜てきされ、2001年に13歳で歌謡界デビュー。デビュー曲「First Love」をはじめ「純粋」や「日差しが良い日」など、数々のヒット曲を発表し”第2のBoA”と呼ばれた。

しかし、以降ジョアンは所属事務所との専属契約の問題などで活動を中断。2012年にMnet「スーパースターK4」に参加し、話題を呼んでいた。久しぶりに姿を見せた彼女へ関心が高まったが、歌手として再起の一歩を踏み出すことに失敗し、再び米国へ帰国。最近まで物流会社へ勤務していたという。

ジョアンの死亡事故と共に、同時期に活動していた故ハヌルが再び取り上げられている。ハヌルは2012年、脳腫瘍との診断を受けた後、闘病生活を続けていたが、昨年10月、他界した。

2人は過去、お揃いの”友情リング”を指にはめるなど、親友として有名だった。ハヌルのSNSには、2人の2ショット写真が掲載されており、一番の親友だったことが伺える。

ネットユーザーらは「ジョアンとハヌルは、きっと天国で再会したことだろう」「2人共、若い年齢で… とても残念だ」「ジョアンとハヌル、天国で思いっきり歌ってほしい」などの反応を寄せた。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング