ドラマ「ミセン」側、延長計画はなし、予定通り20話で

Wow!Korea / 2014年12月8日 20時41分

韓国ケーブルチャンネルtvNのドラマ「ミセン」関係者は8日、「予定通り20話で終了する。延長の計画は相変わらずない。報奨休暇などは時期や内容を現在協議中である」と明らかにした。(提供:OSEN)

韓国ケーブルチャンネルtvNのドラマ「ミセン」関係者は8日、「予定通り20話で終了する。延長の計画は相変わらずない。報奨休暇などは時期や内容を現在協議中である」と明らかにした。

続けて「20日土曜日に、スタッフと出演者が一緒に最終回を見ることを計画している。報奨休暇は放送が終了する週末辺りに日程を考えているがまだ具体的には決まっていない」と述べた。

ドラマ「ミセン」は主人公チャン・グレ(シワン(ZE:A))がプロ入団に失敗した後、冷酷な現実の中で繰り広げられる話を描いた作品で、同名のウェブ漫画が原作。

社会人の苦楽を現実的に盛り込んだ内容は多くの共感を得て、初回視聴率1.6%(ニールセンコリア調べ)から少しずつ上昇し、前回(12月6日)は7.03%を記録し、ケーブルチャンネル放送としては高い視聴率をあげている。

韓国芸能ニュースのワウコリア

トピックスRSS

ランキング